HOME>トピックス>成長するスピードが早いからこそ活用法を知ろう

お下がりでも嬉しい

兄弟や姉妹のいるご家庭では、子供服も「お下がり」になりがちです。どうしたって、子供は日に日に成長してしまうため、シーズンをまたぐことなくサイズが小さくなり、着ることができなくなります。一人っ子であっても、出産祝いでベビー服を頂くこともあるでしょうが、沢山のお祝いの品がかぶったり、未使用のままになってしまうこともあります。ベビー服などの子供服を必要とするご家庭に譲る、リサイクルという利用法も検討してみてはいかがでしょうか。それならば、上の子のお下がりに反発する弟や妹の着る服も、リーズナブルな価格で手に入りますし、未使用品ならば尚更嬉しいサービスになるでしょう。

リメイクする発想

子供服は、沢山あっても着るタイミングを逃すとサイズが合わず、という問題もあります。今は、赤ちゃん向けにヨダレかけ、離乳食用のエプロンなどにリメイクできるように型紙も提供されています。また、双子などは二人分の子供服が必要ですから、型紙さえあれば、お古の服からハンドメイドすることにも活用できます。

借りるという方法

子供服をリサイクルやフリマなどで、入手するだけでなく、今は子供関連のイベント時にレンタルできるサービスも展開されています。例えば、赤ちゃんのお宮参りには晴れ着も必要です。フォトスタジオなどでも、譲り受けたり、提供されたり、購入したよそ行きの子供服を貸し出してくれます。一度切りならば、こうした利用法もありでしょう。

広告募集中